天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

九州チャレンジサイクルロードレース#10 【Goodbye Yellow Brick Road】

f:id:MAD-MAX:20180319001902j:plain

マックスはホームストレートを全力で走る。

トムとジェリーの気持ちを無駄にしないために必死にペダルを回すマックス。

ホームストレートを走っている選手は見えない。

マックス「悪い予感がする・・・だが走るしかない」

計測ラインが近づいてきた。

すると、運営スタッフらしき人達がコース上に入ってきた。

マックス「!?」

そしてレッドフラッグを振り出す・・・DNF・・・・。

マックス「・・・・・・・・」

スタッフ「スピードを落としてピットへ入ってください」

マックス「・・・・・」

片手を上げてスローダウンするマックス。

そしてピットへと入っていく。

マックス「・・・終わった。すまんね・・・トム、ジェリー」

力なく肩を落とし、項垂れてしまったマックス。

そこに誰かが声をかけてきた。

トム「マックス!お疲れでした~♪」

マックス「トム!お疲れさま!」

トム「残念だったな。まあ、今回はいろいろあって仕方なかったよ」

マックス「そうだな・・・落車もなく、怪我もしなかったし、バイクも無傷だったことで良しとするか・・・」

そこへもう一人の選手が声をかけてきた。

ジェリー「トム!マックス!おつかれでした!」

トム「ジェリー!おつかれさま!」

マックス「おお!ジェリーじゃないか!おつかれさま!」

ジェリー「いや~面目ない!脚が終わってしまってさ!まいったよ」

その後、マックス、トム、ジェリーが今回のレースを振り返って話し込む。

トム「あの激坂は半端じゃないよな。キツかったよ」

ジェリー「だよな、それとダウンヒルの右コーナーも冷や汗ものだった!」

マックス「まったくだ。緊張の連続だったよな」

暫くするとトム、ジェリーのチームメートがやってきた。

マックス「トム、ジェリー、一緒に走ることができて楽しかったよ。ありがとう!またな!」

トム「こちらこそ!ありがとう!また会おう、マックス」

ジェリー「ああ、またな!マックス!」

 トムとジェリーと固い握手を交わすマックス。

 

 そしてマックスは再び独り暗闇の荒野へと姿を消すのであった。その後マックスの姿を見た者は誰もいない。