天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

日常

スカーフェイスといっしょ【元乃隅稲成神社編】#4 リアルダチョウ倶楽部か?

マッドマックス「さて、食事も終わったことだし・・・見せてもらおうか?元乃隅稲成神社の実力とやらを!!」 アプリコット「赤い彗星か?」 マッドマックス「・・・アプリコット、このネタが良くわかったね」 モンティナ「さすがアプリコットだなw」 アプ…

スカーフェイスといっしょ【元乃隅稲成神社編】#3 いちいち俺を巻き込むな!

スカーフェイス「腹減った」 アプリコット「ですね。そろそろ何か食べたいですよね!第一エイドはまだですか?」 マッドマックス「よし、あそこのコンビニで休憩しよう」 モンティナ「温かい飲み物と食べ物が良いな~」 というわけで、コンビニに突撃する怪…

スカーフェイスといっしょ【元乃隅稲成神社編】#2 フォトコンテストか!?

マッドマックス「お?青空が見えるぞ。良い天気になりそうだ」 モンティナ「本当だ。雲一つない」 アプリコット「青い空、湖、山の紅葉で、とても景色がいいですねぇ~!」 スカーフェイス「まったくだ!これでそうめん流しがあれば最高なんだがな!いっそ俺…

スカーフェイスといっしょ【元乃隅稲成神社編】#1 ひとの話を聞きやがれ!

寒い!それにしても寒い! 最近は丁度良い気候というものが殆ど存在しないように感じるのは俺だけだろうか?いや、違うはずだ・・・俺がそう思っているんだから、全人類がそう思っているに違いない。うむ、絶対に間違いないな。なにしろ地球も太陽も俺を中心…

スカーフェイスと愉快な仲間達 鍋パーティー編 もう俺が主人公でいいよな?

窓辺に一人で頬杖をついて外を眺める 窓の外は雨 昨日から降り出した雨が今も降り続いている 昔から雨は嫌いではない むしろ雨の日は好きだ 雨音を聞いていると不思議と心が安らぐ だから嫌いではない トントン そんなとき、ドアをノックして誰かが入ってく…

スカーフェイスと愉快な仲間達#1  ちょっと風邪気味のスカーフェイス登場!

青い空 白い雲 眩しい太陽 爽やかな風が俺の頬を優しく撫でる スカーフェイス「こんな日はバイクで地平線の彼方までかっ飛ばして行くに限るよな~」 今日の俺はいつものシクロクロス・・・ではなく、マッドマックスに借りたクロスバイクに何故か乗っている。…

マッドマックスの夏休み シーズン1 #8 最終回

【萩博物館の回し者か?】 懐かしさに包まれながら走るマックスとモンティナ モンティナ「ここが萩博物館か。夏休みということでお客さんが多いな」 マックス「お?何やら企画展示やってるみたいだぞ。未確認生物だと!?」 夏休みの子供向け企画のようだが…

マッドマックスの夏休み シーズン1 #7

【宗頭大歳社】 萩、長門、秋吉台へ続く三叉路付近。ここは長門市の宗頭地域だ。ここから萩市へ向かう途中に変わった建物を見つけた。 マックス「この建物はいったい何?」 モンティナ「わからないな・・・なんだろう」 よく見かける神社仏閣とは違う外観だ…

マッドマックスの夏休み シーズン1 #6

【長門市へ向かっているはずが何故か宇部市へ辿り着く】 マックス「白糸の滝だ」 モンティナ「白糸の滝だな」 マックス「素麺食べたいな」 モンティナ「食べたいな・・・素麺」 残念なことにお店はなさそうなのでここは素通りすることになりました。 長いト…

マッドマックスの夏休み シーズン1 #5

【アイツを逃がすな!!!】 モンティナ「・・・チッ・・・気付かれたな」 マックスとモンティナは、先行する赤いロードバイク「刺身醤油派」を追走していた。徐々に距離が縮まっていたのだが、マックスとモンティナが追いかけていることに気づき逃げに入っ…

マッドマックスの夏休み シーズン1 #4

【逆襲のエキストラ】 マックス「展望台に到着!やっとソフトクリームにありつける」 モンティナ「ああ、気温も上がってるから休憩しよう」 というわけで、名物の怪しい人形の置いてある夏みかんソフトクリームにも惹かれたが、なんとか我慢してカルスターへ…

マッドマックスの夏休み シーズン1 #3

【百聞は一見に如かず】 カルストロードを走るマックスとモンティナ マックス「綺麗な景色だ。しか・・・方角によって晴れていたり、雲っていたりして、よくわからない天気だな」 モンティナ「さっきの大正洞でも小雨が降ってたからな」 若干曇り気味で、日…

マッドマックスの夏休み シーズン1 #2

【夕方のニュース:今日昼ごろ、ロードバイクでサファリランドに突入した2名がライオンに・・・】 萩市明木地域を秋吉台方面へ向かって走るマックスとモンティナ。 マックス「あれ・・・?稲の色が全然違うぞ?なんでこんなにも差があるんだろう?」 モンテ…

マッドマックスの夏休み シーズン1 #1

【朝顔枯れちゃったから~♪杜若で観察日記の夏休み~♪】 夏休み・・・甘美な響きだ。この制度はきっと「こんな暑い日に仕事なんてやってられっか!!国民は黙ってないぞ!!!」という苦情の嵐から出来た制度に違いない。 というわけで、夏休み特別サイクル…

射手座A*に魅かれて #4

【射手座A* シェイクダウン】 天候晴れ、気温32℃ 相変わらず暑い日が続く中、サイクルジャージに身を包んだマッドマックスが格納庫の外で待機している。落ち着かないのかボトルの水をまた一口飲むマックス。 マックス「ふう・・・今日も暑いな」 右手に持…

射手座A*に魅かれて #3

【超大質量ブラックホール射手座A*の正体とは?】 誰もが知っている名言「ポチッとな」。 この台詞でニヤリとしてしまう人はある年齢層に限定されると言って良いだろう。この台詞はアニメ「ヤッターマン」の悪役ボヤッキーがボタンを押すときに使っていた台…

射手座A*に魅かれて #2

【射手座A*に魅了され狂気に走るマッドマックス】 射手座A*・・・それは我々が居る天の川銀河の中心にある天文電波源。太陽系から26,000光年離れた銀河系の中心・・・そこには質量が太陽の400万倍以上と観測された謎の宙域がある。超大質量ブラックホー…

射手座A*に魅かれて #1

マッドマックスとモンティナの死闘から数日後 ガレージに保管してあるインターセプターを見つめるマックス。 マックス「やはり10年前のマシンか・・・」 モンティナ「フロントフォークまで交換しているが、もう限界だよ。フレームの設計の古さはどうにもな…

マックス VS モンティナ #8 最終回

【決着の時】 ゴールへと続く左カーブへ並んで突入するマックスとモンティナ。イン側がモンティナ、アウト側がマックス・・・奇跡が起こらない限りマックスに勝ち目はない。 マックス「ダメだ!!やられる!!!!」 敗北を悟りペダルを回すのを止めようとし…

マックス VS モンティナ #6

【強者の条件 打倒醤油派】 クルマのフロントガラスに大粒の雨が叩き付けられ、遠くから雷鳴が微かに聞こえてくる。 アッシュがワイパーの速度を上げて、フロントガラスの雨水を弾き飛ばす。 マックス「積もる話はまだまだあるが・・・そろそろ本題に入って…

マックス VS モンティナ #4

【マッドマックスの慟哭】 暗闇の荒野を独りインターセプターを走らせるマッドマックス。 様々な思いが頭を駆け巡り何も纏まらない。 マックス「ソースが負けた・・・ソースが醤油に敗れた・・・」 ソース派のマックスは醤油派のモンティナに負けたのだった…

マックス VS モンティナ #3

【目玉焼きはソース派の名誉にかけて・・・】 マックス「まだだ!まだ終わらんよ!」 斜度が上がるポイントでモンティナがアタックを仕掛けてくると予想していたマックス。 ところが・・・ 予想していたポイントの200メートル手前 ガチャ、ガチャ マック…

マックス VS モンティナ #2

【イニシャルD】 スタートラインにつく2台のロードバイク。 マッドマックスのバイク「インターセプター」は10年前のエントリーアルミバイクをチューンアップしたものだ。10速時代のコンポとフレーム以外の全てのパーツを交換している。そしてフロントフ…

マックス VS モンティナ #1

【遠き山に日は落ちて】 遠き山に 日は落ちて 星は空を ちりばめぬ きょうのわざを なし終えて 心軽く 安らえば 風は涼し この夕べ いざや 楽しき まどいせん まどいせん 夕方になると、家の近くのどこぞのスピーカーから流れ出すいつものメロディーが聞こえ…

次回予告【マックスVSモンティナ】お前との友情もここまでだ!!!

遠い昔・・・遥か彼方の銀河系で・・・ 2つの銀河系を股にかけた壮絶な戦いが始まろうとしている・・・ 生き残るのはどちらか一つ・・・もう一つの銀河系の消滅は免れない・・・ 週刊誌A「全米が泣いた・・・」 スポーツ新聞B「これは現代に蘇る関ヶ原の…

マッドマックスとモンティナの平和な昼下がり

テスト走行で峠へ行った私とマックスだったが、虫の攻撃によってあっけなく撤退することに(>_<) 気を取り直して、いつものコースをパトロールします。 その途中、「ヒャッハーーーー!!!」な暴走バイクと出会って追跡劇が繰り広げられた ・・・などという…

ホワイト・パーシュート・スペシャル(仮名)

今日のマックスは非番。私も非番。というわけで朝から特にやることがありません。このため私は自分のバイク「インターセプター」のメンテナンスのためにガレージへ。 ちなみに、これがインターセプターです。 インターセプターには11速用のホイールにスペー…

温泉に行こう!#3 マッドマックスの平穏な1日

今日は大分市内のホテルに宿泊です。予定していた時間よりも早く到着したのですがチェックインできるとのこと\(^o^)/ 早速クルマから荷物を降ろそうとすると…ない?着替え一式を入れたリュックがどこにもない!? なんてこった(≧▽≦) 忘れてる…やっちまった…

温泉に行こう!#2 インド人もビックリ!?今日のランチは何だろ?

温泉同好会の工作員として大分市に潜入したマッドマックスと、一般市民の私(^_^; 「さてと、どうする?マックス」 Г餌…エサをくれ(≧▽≦)」 「ほらよ」 と、私はマックスに袋を渡す 「…猫まっしぐら…?」 で、現在地から近いランチのお店へレッツゴー\(^o^)/ …

温泉に行こう!#1 北伐にはまず南制

「レギュラー満タンで」 いや、ロードバイクじゃないよ(^_^; 自宅に近いガソリンスタンドに来ています。 私の隣にはマッドマックスが居ます。 今日は何が温泉同好会のマッドマックスと一緒に温泉に行くことになりました。 ガソリン満タンにして出発ですヾ(o´…