天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

ホワイト・パーシュート・スペシャル(仮名)

 今日のマックスは非番。私も非番。というわけで朝から特にやることがありません。このため私は自分のバイク「インターセプター」のメンテナンスのためにガレージへ。

 ちなみに、これがインターセプターです。

f:id:MAD-MAX:20170603203933j:plain

 インターセプターには11速用のホイールにスペーサーをつけて10速のスプロケを装着していたのですが、ホイールに振れが出たのでとりあえず交換しておくことにしました。

 交換するのは、アメリカンクラシックのディープホイールです。いや~懐かしいな~1年以上はガレージにほったらかしにしてたのでキチント回るのか心配でした。

 手早く作業を済ませてからテスト走行に行くことにします。そこへマッドマックスがやってきました。

「モンティナ、俺のニューマシンはもう仕上がってる?」

「ん?ああ、お前の無茶な注文に苦労したがな・・・もう乗れるぞ」

「さすが俺の専属メカニック。よし、テスト走行を兼ねてツーリングに行こうぜ!」

 こうして、メンテナンスが終わった私のインターセプターと、マッドマックスのニューマシンであるホワイト・パーシュートスペシャル(仮名)の2台のマシンが荒野に解き放たれた・・・。

 

 ホワイト・パーシュートスペシャル(仮名)はLGS-RCNをベースにマックス専用にカスタマイズしたものである。実のところ、マッドマックスは今までフルカーボンバイクを所有しておらず、これが初めてのフルカーボンバイクとなる。

 メインコンポは105だが、一応「ルイガノ」ブランドのハイエンドカーボンロードバイクである(^_^.) まあ、これ以上のバイクは「ルイガノ」ではなく「ガノー」というブランド名になるという仕組みなのだが・・・まあハイエンドはハイエンドだ!

 シフトチェンジ、ブレーキ、コーナリング等を一通りテストするには峠にいくのが速いということで、峠道を突き進む私とマックス。

f:id:MAD-MAX:20170603202430j:plain

ひたすら進む。

f:id:MAD-MAX:20170603202514j:plain

「マックス・・・ここはどこなんだ?」

「・・・さっぱりです」

f:id:MAD-MAX:20170603202555j:plain

「右手をご覧くださいませ。日本海が見渡せます~。左手には沢山の緑がございます~」

「わかった、わかった。あの建物はなんだろうな?マックス」

f:id:MAD-MAX:20170603202714j:plain

「アンテナが沢山あるな?携帯電話の基地局?テレビ中継施設か?」

「そんなとこだろうな。おお!見ろよ!日本海に離島が見えるぞ!!あれって何て島だったかな?モンティナ」

「わからないよ。というか小さな無人島だろ」

f:id:MAD-MAX:20170603203007j:plain

ここはどこなんだろう・・・?

f:id:MAD-MAX:20170603203033j:plain

ここはどこ?私は誰?

f:id:MAD-MAX:20170603203043j:plain

f:id:MAD-MAX:20170603203056j:plain

「マックス、あの建物の前で休憩しようぜ」

「看板があるな・・・監視カメラ作動中と書いてあるぞ!」

 

キョロキョロ×50回

 

 2人で監視カメラを探すが見つからない。いや、見つけてどうするんだ?という疑問もあるが・・・。

f:id:MAD-MAX:20170603203244j:plain

おお~海だ!日本海だぞ!

f:id:MAD-MAX:20170603203314j:plain

 というわけで電波中継施設の前で休憩。逆光でブラック・パーシュートスペシャルに見えるが、これはホワイトである。

f:id:MAD-MAX:20170603203334j:plain

 この直後、物凄い数の虫の攻撃を受けて、私とマックスは急いで逃げ出すことになった・・・。

f:id:MAD-MAX:20170603194951j:plain