天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

【Extra episode (Nonfiction)#2】 復活の刻

2014年8月2日 8:11 過去のFBより転載(実話)


 あの事故の日・・・私の時間は止まった。

f:id:MAD-MAX:20170620210525j:plain

 左側の鎖骨、肋骨2本を骨折し、肺に血が溜まる怪我をしたため入院することになりました。しかし、ようやく退院して自宅療養となりました。ただし、まだ折れた骨はくっ付いておらず、コルセットとクラビクルバンドで固定しているだけです。左腕は水平以上には上げることができず重い物を持つのもNG・・・実際には右腕だけで生活しなければならないのです。
 これがかなり厳しいです。料理、洗濯、買い物、顔を洗う、靴を履く、服を着る・・・あらゆることが困難になっています。特にクラビクルバンドは独りでの装着を想定していないため非常に難しい・・・。それと一度横になってしまうと立ち上がるのがとても大変です。更に、怪我による発熱がずっと続いています。
 一方、バイクはクラッシュガードを装備していたため軽傷で済みました。左側のクラッチレバー・バックステップの交換とハンドルの調整程度で修理完了になるようです。

 


 今再び・・・止まったままの時間が復活の刻をきざみ始めた・・・