天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

【ケープコッド編#5】 黄昏のケープコッド

【時の止まった場所】

”私”はバイクを走らせる。
エメラルドグリーンの綺麗な海が続く海岸沿いの国道を独り走り続ける。

f:id:MAD-MAX:20170622221834j:plain

太陽は既に傾き、気温も下がって肌寒くなっていた。
ケープコッドに辿り着くころには何時になっているだろう。
幸いにもこの道は交通量も少なく、信号も殆どない。
残りのガソリンが少なくなってきたが、かまわずに先を急ぐ。

f:id:MAD-MAX:20170622222457j:plain

岬の入口の交差点を左折してしばらくそのまま進んでいくと・・・あの場所に辿り着いた。
あの頃と何も変わらない。まるで、ここだけ時間が止まっているかのような錯覚を起こしてしまう・・・。

”私”はエンジンを止めてヘルメットをバイクの上に置き、周辺を見回すが・・・誰もいない。

f:id:MAD-MAX:20170622221935j:plain

かまわずにバイクからおりて海の方へ向かって歩いていく。
果たして・・・岬の先端、断崖付近に人影が見えた。
ゆっくりと岬の先端に向かって歩いていく。

f:id:MAD-MAX:20170622222349j:plain

”私”「・・・こんなところで釣りでもしているの?」