天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

マッドマックスと行こう! 秋吉台キャンプ編#1

【そんなに地獄を見てえのか?】

 以前から計画されていた秋吉台キャンプ当日。
 内容は、秋吉台から萩へサイクリングに行って道の駅でランチ、その後リフレッシュパークで温泉&バーベキュー&宿泊という流れだ。
 サイクリングの距離は45キロと短く、しかも私はどういうわけか萩市は少しだけ詳しいので、ここはクロスバイクで十分だろう、と判断したことが、後に大きな大間違いであったことが証明されたのであった。いやあ、あまりにも完璧な証明だったので国際学会に発表してやろうかと思ったくらいです。

f:id:MAD-MAX:20170723222441j:plain

 
マックス「マックス一番乗り!!!」
 
 と叫んでやろうと思ったのですが、今回は残念ながら一番乗りではなかったです・・・残念!
 今日の私のバイクはルイガノクロスバイクです。ロードバイククロスバイクにデチューンした所謂フラットバーロードというヤツなのです。そして嬉しいことに、今回のサイクリングには1週間前に買ったばかりの私と同じルイガノロードバイクで参加される人が居ました!
 ゼネラルマネージャーの説明を聞いていると、あることに気づいた。
 秋吉台から萩市に向かうルートが、通常のルートとは大きくかけ離れている・・・というか、普通の人はルートそのものを知らないし、こんなマニアックなルートは地元の自転車乗りの私でも避けて通るぞ。何せ、恐ろしい激坂が待ち構えているのだから・・・ゼネラルマネーシャーはドSや・・・。
 秋吉台→木間→山田→玉江駅という地元スペシャルコースなので、私が先導することになりました。ん?ということは私がAチームで先頭を引くことになるのか・・・えっと、今日はのんびりサイクリングの予定なのでクロスバイクなんですけど?このバイクで激坂登りはキツイぞ。

マックス「ちょっとクルマで家に胃薬とりに帰って良いですか?」
 
 こうして暗雲立ち込める中、「楽しい秋吉台キャンプ」改め「地獄の秋吉台強化合宿」の幕が切って落とされたのである。