天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

マッドマックスと行こう! 秋吉台キャンプ編#2

【バイクの次はスイムだと?】

 サイクリング開始早々、木間の激坂を通勤用クロスバイクでなんとか登りきった・・・。ゆるポタだと思ってクロスバイクで参加して、思わぬヒルクライムをすることになって痛い目にあったマックス・・・今度からはロードバイクで参加しないとダメだと学習したのであった。
 そこからは、木間小学校を経由して、木陰が続くルートを進むことに。アップダウンとコーナーが連続でやってきて、まるでジェットコースターに乗っているかのような楽しい道が続く。途中でいくつか分かれ道があるが、基本は「萩」と書いてある方へ進めば大丈夫だ。
 木間の地名で「女屋敷」という地域がある。この地域は、源平合戦・壇ノ浦の戦から落ちのびた平家の女性が隠れ住んでいたと言う謂れがあるらしい。詳しくは・・・検索してね!
 そして、木陰から抜けるとクレー射撃場の入り口があり、そこからは綺麗な2車線道路をガンガン下っていくことになる。
 だが!ここでもクロスバイクなのでエアロポジションが取れずに苦労する。いや、クロスバイクに罪はないのだ。今日のコースに選んだ俺が悪かった・・・。
 そして、国道を東へ進んでから、玉江駅で休憩&水分補給する。

f:id:MAD-MAX:20170723222723j:plain

ここでゼネラルマネージャーから未だ時間があるのでどこかオススメスポットへ案内して欲しいとのオーダーがあった。
 気の利いた場所など私はほとんど知らないが、頭を捻りまくってから、玉江から三見へ向かう海岸添いの道を進んで海を見ようと提案。
 玉江駅→玉江漁港→海岸ルートを進む一同。踏切を2回越えたところにそれはあるのだ。

f:id:MAD-MAX:20170723222745j:plain


 知る人ぞ知る綺麗な砂浜が続く場所。海水浴場として整備されていないが、萩市の菊カ浜海水浴場よりも更に透き通って綺麗な海であり、海水浴客はほとんど居ない穴場中の穴場だ。

f:id:MAD-MAX:20170723222809j:plain


 ここで土曜会の会長が突然バイクから降りて浜辺へ下りると、躊躇うことなく海へ飛び込んだ!

f:id:MAD-MAX:20170723222835j:plain

f:id:MAD-MAX:20170723222847j:plain


マックス「・・・え?泳いでる・・・今日はサイクリングだったような・・・?」

f:id:MAD-MAX:20170723222908j:plain


 会長のワイルドさに驚く参加者達・・・しかし、さすがトライアスロンのチャンピオンだ。見事な泳ぎでグングンと沖へ進んでいく。

f:id:MAD-MAX:20170723222940j:plain


 次の瞬間!私たちは再び信じられない光景を目の当たりにする!
 参加者のもうひとりのトライアスリートが、会長に続いて海に飛び込んでいったのだ!いやあ・・・もうワイルド過ぎるだろ・・・。

f:id:MAD-MAX:20170723223004j:plain


さすが土曜会・・・いや、会の名前とやってることが全然違うような気がするのはきっと気のせいだろう・・・。

f:id:MAD-MAX:20170723223028j:plain


 2人のトライアスリートが気持ちよさそうに泳いでいる。
マックス「まさか・・・沖に見えるあの島まで泳いで行ったりしないよな?」
 私の不安を余所に、しばらくすると2人とも無事に戻ってきたのだった。
話によると、海水は温かったらしい・・・恐れ入りました・・・。