天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

次回予告【マックスVSモンティナ】お前との友情もここまでだ!!!

遠い昔・・・遥か彼方の銀河系で・・・
2つの銀河系を股にかけた壮絶な戦いが始まろうとしている・・・
生き残るのはどちらか一つ・・・もう一つの銀河系の消滅は免れない・・・
  
週刊誌A「全米が泣いた・・・」 
スポーツ新聞B「これは現代に蘇る関ヶ原の戦い!あるいはアメリカ独立戦争だ!!」
自称軍事評論家C「PAC3が配備されていますから大丈夫でしょう。たぶん、きっと」
週刊少年ジャ〇プ「先生の作品が読めるのは週刊少年ジャ〇プだけ!
 
ついに・・・あの2人がガチで戦うことになる。譲れないプライドをかけた血で血を洗う仁義なき戦い
 
マックス「お前の考えは間違っている」
モンティナ「いいや、間違えているのはお前の方だ」
 
話はどこまで行っても平行線。事の発端は何だったのか?
 
モンティナ「どうやら・・・これ以上は話し合いをしても時間の無駄だな、マックス」
マックス「そうだな・・・残念だよモンティナ・・・お前ならわかってくれると信じていたんだが・・・ここまで強情とはね・・・」
モンティナ「これだけは絶対に譲るわけにはわけにはいかないのでね」
マックス「では・・・どっちが正しいか勝負するしかないな?」
モンティナ「そのようだな。やるからには本気(マジ)だぜ!」
マックス「フッ、いつ俺が手加減しろと言った?」
モンティナ「上等よ!!!表へ出ろ!!!!!」
マックス「ええ?暑いから嫌だ」
モンティナ「・・・そ、そうだな、熱中症怖いからね・・・だったら・・・夕方!涼しくなったら表へ出ろ!!!!」
マックス「いいだろう!逃げるなよ!!!」
モンティナ「逃げるものか!目玉焼きには醤油と決まっているんだ!!これは常識なんだぞ!!」
マックス「何を言うか!目玉焼きにはソースだと太古の昔から決まっていると何故わからないんだよ!!」
 
銀河が消滅するほどの暑苦しいバトルが今・・・始まる。
果たして勝つのはどちらなのか?恐竜が絶滅した真の原因とは?スタップ細胞はあったのか?イエティやネッシーは実在するのか?

天国から還ってきた男マックスと永遠の悪夢を彷徨い続ける男モンティナの勝負の行方は!?
 
次回【マックスVSモンティナ】お前との友情もここまでだ!!!
 
ご期待ください。
 
※本編は概ね予告通りの内容ですが、一部予告と異なる部分がある場合もございますのでご了承ください。
※執筆中に虚しくなったらFBへの投稿を中止する場合もございますので、その時はお喜びください。