天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

マッドマックスの夏休み シーズン1 #5

【アイツを逃がすな!!!】

モンティナ「・・・チッ・・・気付かれたな

 マックスとモンティナは、先行する赤いロードバイク「刺身醤油派」を追走していた。徐々に距離が縮まっていたのだが、マックスとモンティナが追いかけていることに気づき逃げに入ったようだ。

モンティナ「マックス!ペースアップするぞ!5秒で先頭交代だ!」

マックス「だから何で追いかけるんだよ!?」

モンティナ「説明は後だ!絶対にヤツを逃がすな!」

マックス「・・・わかったよ、1点貸しだぞ!ヒャッハーーーーー!!!

 追撃態勢にうつるマックスとモンティナ。しかし!赤いロードバイクは更に加速して逃げ続ける。

マックス「おいおい!誰かは知らないが、あの赤いヤツかなり速いぞ!」

モンティナ「逃がさねーぞ!!刺身醤油!!!」

 本気モードでペダルを回し始めるモンティナ。いったい、あの2人の間に何があったのか?マックスとモンティナのローテーションで徐々に差が詰まっていく。

モンティナ「もう少しだ!」

マックス「・・・何が何やら・・・」

もう少しで刺身醤油派が射程距離に入る。

マックスとモンティナがそう思った時、逃げていた刺身醤油派が突然予想外の行動に出た。

モンティナ「何!?馬鹿な!!」

マックス「ええ?嘘だろ?何であんなことが!?」

 刺身醤油派の赤いロードバイクが突然道路から逸れて、ヒマワリ畑の中に突入していったのだ。オフロード・・・畑の中を何事もなかったかのように走り抜ける刺身醤油派の赤いバイク。

マックス「違う・・・ロードバイクじゃないぞ、あれはシクロクロス

モンティナ「チッ!!!!あの刺身醤油野郎!!!

 ヒマワリ畑を越えて山の方へ入っていく刺身醤油派。それを悔しそうに見つめるモンティナであった・・・。ロードバイクでこれ以上追いかけることは出来ない。

f:id:MAD-MAX:20170812193045j:plain

f:id:MAD-MAX:20170812193112j:plain

マックス「疲れたな・・・休憩しようぜ」

自販機の前で止まるマックスとモンティナ

モンティナ「・・・あの刺身醤油野郎・・・・」

マックス「晩御飯は刺身にするかい?」

モンティナ「すまなかったな、マックス・・・実は・・・」

f:id:MAD-MAX:20170812193904j:plain

f:id:MAD-MAX:20170812193931j:plain

マックス「・・・・・そんなことがあったのか」

モンティナ「・・・・ああ」

 ゴニョゴニョと会話して納得した様子のマックス。

マックス「やれやれだぜ・・・」

 

※刺身醤油派とモンティナの因縁は、要望があればスピンオフで書くかも・・・書かないかも・・・