天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

もみのきサイクル耐久レース#7 我が名はスカーフェイス

我が名はスカーフェイス・・・刺身醤油派のスカーフェイスだ!

荒野の人物「世の中平和だ。いや、近頃はあまり平和でもないか・・・。どっかからミサイルが飛んでくるようだしなぁ~」

見渡す限りの平原。

カルスト台地の岩に一人腰かけて、水筒に入れたアイスコーヒーを飲む。傍らにはカルスターで買ったサンドイッチセットが置いてある。

荒野の人物「こうやって一人ピクニックってのもいいもんだな~。シェリー酒があれば最高なんだが、飲酒運転になっちまうからなぁ~」

その側にはガノーのシクロクロスが無造作に置いてある。

サンドイッチセットの中から石窯パンを取り出して食べる。

荒野の人物「明日は広島行だな。久しぶりにマッドマックスと戯れるのも悪くないな」

 

翌日

 

早起きするつもりが寝過ごした!急いで行かないと間に合わない!

高速道路を広島に向けて走り続ける。

ひたすら走り続ける。時速〇〇キロで走り続けてなんとか会場に辿り着くことができた。

レース開始まであと10分、スタートラインには既に選手が整列を終えている。

受付「90分クラスのレース参加ですね?お名前は?」

 

スカーフェイス「我が名はスカーフェイス!刺身醤油派のスカーフェイスだ!夜露死苦!!」

 

受付「刺身醤油・・・?えっと・・・スカーフェイスさんですね。こちらがゼッケンと計測チップ一式です。直ぐにスタートしますので急いで取り付けてスタートラインに並んでください」

スカーフェイス「了解!了解!あっははは、このスカーフェイスに万事お任せを!

受付「頑張ってください」

直ぐにガノーをクルマから降ろしてゼッケンをハンドルに取り付ける。

スカーフェイス「これでOKだな!ああ、スタート5分前だ!もう行かないと。おっと、ゴミはゴミ箱へってね!

ゼッケンの入っていた袋をゴミ箱に捨てて最後尾にならぶスカーフェイス

スカーフェイス「お前ら待たせたな!最後尾スタート?上等よ!なんならもっとハンデをやってもいいくらいだぜ!!」

いや、誰一人としてスカーフェイスを待ってなどいないのだが・・・。

こうして計測チップを付けづにコースインしたスカーフェイスであったのだ。

 

スカーフェイスよ・・・お前はいったい何しに来たんだ?