天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

もみのきサイクル耐久レース#8 残り1周回

ODKのマッドマックス

人騒がせなスカーフェイスが離脱してから再び5人で集団を作って走り続ける。

スカーフェイスとのやりとりで冷静になったマッドマックスは、ペースを戻して淡々と走り続けることにした。

マックス「結局、スカーフェイスは何がしたかったのかはわからないが、あいつのお陰で頭を冷やすことができたな。・・・・まさかあいつ」

その後の展開は至ってシンプルであった。

上りは無理をせず、下りは安全速度をキープして下る。

面白味には欠けるが、堅実な走りを5人で続けている。

そして、計測ラインを通過して5周目に突入した時・・・

審判員「90分クラスはあと1周回でゴールです!」

ついに来た。残り1周回だ。

今現在の順位は全くわからない。

この5人の中で90分クラスはマッドマックスと福岡の選手は確定しているが、残りの3名はどのクラスなのかがわからない。

 

さて、どうしたものか?

マッドマックは考える・・・。

 

①ゴールギリギリまで脚を温存してホームストレートの短い上りでゴールスプリントに持ち込む

②現在の上りで一気に差を広げてそのまま逃げ切る

③現在の上りから最高地点までは我慢しておいてダウンヒル突入後、再び暴走機関車となって逃げ切る

④今から仕掛けることを宣言してから正々堂々と戦う