天国から還ってきた男 マッドマックスの微妙な冒険

残された僅な時間を更に削って死に急ぐマッドマックス。これは彼の命が燃え尽きて灰になるまでの記録である。全ては時の中に…

マッドマックスと愉快な仲間たち 梨狩りライド編#2 マッドマックスVSスカーフェイス

某ヒクルライムのスタート地点の近くの自販機で休憩する一同。

この自販機には珍しい缶入りのコーラとアクエリアスがあったので買ってみることに。どちらも500mlと350mlの2種類あるのだが、値段は量に関係なく130円である。

 当然、大きい方を選ぶフルクラーとウォルター。

やはり自転車乗りにはコーラが似合う。

f:id:MAD-MAX:20170914193333j:plain

デイジーはファンタグレープ、マックスはアクエリアスをゲット!

f:id:MAD-MAX:20170914193340j:plain

その横にはどう見ても壊れている煙草の自販機がある。

マックス「誰かの貯金箱か?」

 

f:id:MAD-MAX:20170914193347j:plain

自販機型の貯金箱の上にはスズメバチの巣が!

マックス「ああ!スズメバチの巣だ!!」

デイジー「本当だ!」

ウォルター「それはもう退治された後ですね~」

マックス「いったい誰が・・・」

その時、みんなの後ろから声が聞こえた。

後ろの声「ああ、それなら俺が退治しといたぜ!」

f:id:MAD-MAX:20170914193349j:plain

みんなが後ろを振り向く

マックス「スカーフェイス!?何でココにお前がいるんだ!」

スカーフェイス「暇だからさ、何となくヒルクライムしてきたんだ」

相変わらず神出鬼没だ。
フルクラー「この人が噂の刺身醤油!?」
ウォルター「謎の刺身醤油の人?」
デイジー「キャアアァァーーー!あなたがスカーフェイスさんですか!?サインください!!

フルクラー&ウォルター&マックス「えええぇぇぇぇーーー!!」

なぜだ!?なぜスカーフェイスのサインを欲しがる!?神よ!こんなことがあっていいのですか!?


スカーフェイス「お安いご用だ!フフフ、俺も有名になったものだな~あっははは~」
バックポケットからサインペンを取り出して、デイジーのジャージにサインするスカーフェイス

何故バックポケットにサインペンを入れているんだ?

この分だと、きっと刺身醤油の小瓶も持ち歩いているに違いない・・・
デイジー「スカーフェイスさん!ありがとうございます!」
スカーフェイス「何のこれしき!あ、お前らにもサインしてやろうか?


その他一同「遠慮します」

スカーフェイス「そうか?ところでマッド、お前らこれからどこに行くんだよ?俺暇なんだよな~」
いかん・・・こいつは俺たちに付いてくる気だ。スカーフェイスは平和なライドを恐ろしい修行に変える名人なのだ。こいつが梨狩りに付いてくる事だけは回避せねば・・・
なんとかこいつを振り切る方法は無いだろうか?


マックス「実は俺らもこれからヒルクライムするんだよ」
他のメンバーにウィンクするマックス。どうやら意図は伝わったようだ。
フルクラー「そうそう!ヒルクライムするんだよ」
ウォルター「久しぶりのヒルクライムだな~」
デイジー「ええー?私は聞い・・・ムググ」
デイジーの口封じをするマックス。
スカーフェイス「そうだったのか!よし一緒にヒルクライムしようぜ!」
マックス「決まりだな。みんな、スタート地点に移動するぞ~」
スカーフェイスを先に行かせている間にみんなでミーティング開始

f:id:MAD-MAX:20170914193343j:plain

【作戦内容】

マックスがスカーフェイスの相手をしてヒルクライムしている隙に、他のメンバーは最初の分岐点を左に曲がって進み、その後マックスが合流する。

 

マックス「カウント始めるぞ!5・4・3・2・1・GO!!」
スカーフェイスとマックスがスタートダッシュで一気に加速していく!!

スカーフェイス「オラオラオラオラ!!!」

マックス「アブアブアブアブ!!!」


他のメンバーは普通に走り始めて、2人を見送る。
ウォルター「あ~行っちゃったな~」
フルクラー「無茶しやがって・・・・」
デイジー「あの2人、もう見えなくなりましたねぇ~」

マックスとスカーフェイスが暑苦しくヒルクライムしている間に、他のメンバーはライドを楽しむのであった。